老後の生活資金は公的年金だけで十分?

保険見直し・保険相談生命保険の総合保険比較サイトの「保険市場」の調べたアンケートによると
将来の資金について9割以上の人が老後の生活資金に不安を感じているという結果になった。

「老後の生活資金は公的年金だけで十分だと思いますか」という質問で男女共に97%以上の方々が、
十分ではないと回答した。
上記の結果を考えてやはり、そうなるとどうしても自分自身で将来に備えていく必要がある。

個人年金は、貯蓄タイプと保険タイプの二つに分類できます。
現在支給されている厚生年金はサラリーマンで約月23万円、国民年金は月約13万円しかありません。

また、65歳で定年を迎えたとしても、男性で15年、女性で20年以上の平均余命があります。
定年後の安定的な収入を得るための一つにマンション投資を考えてみるのも必要かもしれません。

老後、公的年金だけでは不足する分を補うために、安定した不労収入をつくる為にマンション投資に取り組み、

自助努力で私的年金を得ることを私は、お勧めします。

マンション投資は近年、関心が高まっています。
しかし、ここ数年低金利で推移しており、以前に比べ同じ物件が少ないローンの支払いで
持つことが可能です。

最近ののマンションは、リーマンショック前ののマンションに比べ、 立地環境がよく周辺環境も優れている物件など、
掘り出し物の物件もある事が珍しくありません。

マンションに投資することで、毎月安定した家賃収入を得る事ができ、

個人年金の代わりとして運用したり、効率的な資産作りの手段として考えることが出来ます。

23区内の主要駅の近くなどの条件を満たしている場合は、都心へのアクセスの良さもあり、

将来的にも安定的な賃貸需要も見込まれ、安定した収入を得る可能性が大きくなります。

特に駅からの徒歩時間が10分圏内の物件は人気があり、資産価値が下がりにくい事で
人気があります。

老後の私的年金確保につながる公的年金の不安が叫ばれる中、マンション投資をすることにより

家賃収入が公的年金の不足分を補い私的年金としての役割を果たしてくれます。

マンション投資入門講座