消費税が上がるとマンション投資にどんな影響が

消費税が上がるとマンション投資にどんな影響が

今まで消費税が上がるとマンション投資にどんな影響が出るのでしょう?
消費税が上がった年とマンション価格を見てみましょう。
まず
平成元年(1989年)4月1日に消費税法が施行されて 消費税率が3%になりました。
平成9年(1997年)4月1日に地方消費税が導入されと消費税等の税率がUP、地方消費税を合わせて5%になりました。
この二つの年の前後のマンション価格を見てみたいと思います。

消費税率3%が実施になった平成元年前後のマンション価格を比較してみたいと思います。

         マンション価格(首都圏)(前年比)   月間契約率 地価(東京圏・住宅地・対前年変動率)
昭和63年(1988年) 4753万円     (32.8%上昇) 74.9%   68.6%
平成元年 (1989年) 5411万円 (13.8%上昇) 77.4% 0.4%

消費税率5%に上昇(1997年(平成9年)4月1日)前後のマンション価格の比較

        マンション価格(首都圏)(前年比) 月間契約率 地価(東京圏・住宅地・対前年変動率)
平成8年 (1996年) 4232万円   (2.2%上昇) 83.1%   マイナス5%
平成9年 (1997年) 4374万円  (3.2%上昇) 75.1%     マイナス3.4%

(マンション価格・月間契約率は不動産経済研究所調べ 参考)
(地価は国土交通省「公示地価」参考)

過去のデータを見ると消費税が上昇する前にはマンションの駆け込み需要が発生している。
消費税が上がると物件価格に転嫁されるため、その前に購入しようと消費者が考える為だ。
そうなる前に物件は購入したいものです。

マンション投資トップ