マンション投資で専門家をうまく使うこと

マンション投資と専門家

よく不動産投資をした後、管理や賃貸経営のあらゆることを
お金が掛かるから専門家に頼まないで自分でやりたがる方がいる。
専業としてやっているのであれば、時間もあるし、いいとは思うのだが、
サラリーマンなどの仕事をしながらするのは、本業などに支障をきたす可能性もあ
る。
また、自分でやることに対して知識も経験もあるのであれば、いいのですが、
知識無くやってしまうと小さなお金を気にして大きなお金を失う危険もあります。

負担になりそうなことは、全て他の人にお願いするこ
ともすごく大事なことで、
特に、不動産の管理、これはお願いした方がいいことが多いです。

物件の管理には、
・入居者の募集
・賃貸借契約
・滞納督促
・敷金の精算
・物件の清掃
・設備類の修理
・入居者からのクレーム対応
・原状回復工事
・請求書の作成送付

のような細々とした仕事がある。

管理費は、不動産業者によって違いがあり、おおむね、家賃の3~8%といった
感じである。
してくれるので、
すぐに次の入居者が決まっている。
仕事をしている人が、自主管理などしていると
滞納が頻繁にあったり、掃除がちゃんとできなかったり、
リフォームの手配に手間取ったりします。
そうすると空室損、滞納による損失が大きくなることもあります。
余計なことまで考えているとストレスがたまり、
本業に影響が出たりします。
そんなになったら副収入を得る為のマンション投資も本末転倒です。

いい管理業者を選べば、不動産の管理の細々として
手間のかかる仕事は、ほとんどやってくれます。
細かいことはプロに任せることによって、手間がかからず、
きっちりと仕事をやってもらえば本業に集中することができるのである。

マンション経営入門講座