節税

マンション投資は節税対策になるといわれています。
確かにマンション投資は節税対策になります。
一般的に不動産投資での節税といっても所得税、住民税の節税、
相続税の節税、固定資産税など様々なものがあります。
その中でも取り組む方が言われる節税対策で一番多いのは、
所得税、住民税の節税で損益通算を使い税金還付を受けたいと思って
興味を持つ方が多いような気がします。

マンション投資で節税になるということは、儲かっていないからだという方も
いらっしゃいますが、実際の支出がない減価償却費や利息などが経費として認められるのが
マンション投資の大きな特徴で、たとえキャッシュフローがプラスであっても
不動産所得よりも経費が上回れば、損益通算を使って帳簿上で赤字にすることが可能になります。
そうすれば、確定申告時に源泉徴収分から差引かれた税金が戻ってくることがあります。
つまり、所得税の還付を受けたり、住民税の軽減になるケースが出てくるのです。

他の資産運用で考えていただければわかると思うのですが、株式投資を勉強する為に
セミナーに行ったり、書籍で勉強をした費用を経費にすることは難しいですが、
物件を購入する為に見に行く交通費やセミナーや書籍代は不動産投資であれば経費に
できることもあります。
そういったところも他の資産運用とは違いますね。

マンション投資