地方でマンション投資、不動産投資をされている方が最近多い

地方の物件へマンション投資、不動産投資をされている方が最近多いのですが、
非常に危険だといわざるをえません。

なぜなら、地方圏では人口がどんどん減少して行っている現状を考えると今はなんともなるかもしれないが、
将来的にはどうなんだろうか?と疑問符がつくからです。

マンション経営だけでなく人口が減少していく地域では、サービスや産業に限らず全てものが衰退して成り立たなくなっていくからです。
も例外なく、成り立たなくなっていきます。

いくら、積算評価が出て銀行からのローンが出たとしてもマンション経営自体が、成り立たなくなる可能性が高いですし、
何年か保有した後の売却もかなり困難でしょう。

つまりマンション経営が成立するのは、将来に渡って供給があまり無く、需要である人口が減少しない、
需給のバランスの取れた立地の物件に限られるのです。

地方から、東京への転入は、とどまるところを知りません。

将来的にもこのまま行けば、地方は、どんどん仕事が少なくなり
今より過疎化が進むことが予想できます。

そうなれば、さらに東京に仕事を求めて人がなだれ込む可能性があります。

このあたりを考慮してもやはり地方に投資するのは、よく考えてした方が無難です。

マンション投資講座