マンション投資で融資を申し込むとき書類は何が必要?

マンション投資で融資を申し込むとき書類は何が必要?

金融機関に融資を申し込む時に何を提出すればいいのかわからいという人も
多いのではないでしょうか?
書類は前もって何を用意しておけばいいのでしょうか。

区分所有を購入する場合、多くのケースで投資マンションローンやアパートローンなどを
使うことが多いです。

その場合普通のプロパー融資より提出する書類が少なくて
実行まで1ヶ月も掛からないケースもあります。

ただ、少ないといってもそれは不動産会社が提出してくれていたり
するケースも少なくありません。

一般的に下記のような書類が融資も仕込み時には必要になります。
・住民票
・印鑑証明書
・収入証明(源泉徴収書、納税証明書、確定申告書など)
・シミュレーションや事業計画書
・建物(土地)の謄本
・物件所在地地図
・物件概要
・公図
・固定資産税評価証明書
・建物図面
・賃貸借契約書など

上にあげた必要書類のとり方がわからないという人もいるでしょう。
住民票とか印鑑証明、課税証明は、自分の住所地の市役所で取得します。
これは代理でも取得が可能です。
固定資産評価書も市役所などで所得するのですが、これは
代理では取得できません。
公図や謄本に関してはその物件の管轄の法務局で取得するか、
今ではインターネットでも取得可能です。

収入証明になる源泉徴収票などは勤務先に発行してもらいます。
確定申告の写し、納税証明書などは管轄の税務署で取得します。
買う物件の資料については不動産業者に頼みます。
金融機関の担当者にとっては融資を判断する際に
書類関係はとても重要は判断材料となります。

早く書類を取得すれば融資実行まで早くなります。
書類は早めに集めましょう。

マンション投資入門