マンション経営はこんなとこが他の投資に比べて優れている

投資用マンションを購入し運用を開始しても不動産管理業者を上手く使えば、
自分自身は特に何かすることなく、入居者対応や物件の維持管理といったわずらわしい仕事は全部、
不動産管理会社がしてくれます。
しっかりとした管理会社を使えば、銀行の口座の残高を確認するぐらいのものです。
もちろん自分で管理をする自主管理という方法もありますが、
知識無く不動産の管理を行なうとえらい目に遭うこともあります。
きちんとした知識が身につくまでは手間もかかりますので業者を活用することをお奨めします。
不動産投資で管理業者を上手く使い賃貸経営することは、手間が掛からずできる運用なのです。

だからといって株式投資のように経営に対して何も手を下せないのではなく
経営を自らの手でコントロールが出来る為、マンション投資はリスクを回避しやすいのです。
例えば、株投資の場合はリスクに対して経営に口出して回避することは、よほどの大株主で無い限り難しいです。
株式投資でできるリスク回避策は、株を保有し続けるか、売却するぐらいしか選択肢がございません。

しかし、マンション投資であれば他にも手を打てます。
空室が多かったり、家賃が取れていない物件であれば、リフォームや募集の仕方など
あらゆる空室対策を打つことで投資効率を上げることも可能です。
公務員やサラリーマンの方が不動産投資をしたとしても経営者となって運営方針などを
決めていくのです。

マンション投資入門講座