マンション投資で融資を受ける金融機関の種類(民間金融機関)

マンション投資で融資を受ける金融機関の種類(民間金融機関)

都市銀行
都市銀行の場合、基本的には支店や営業所がある場所であれば
どこでも取り扱いが可能です。
もしあなたの住所と物件の所在地が離れてる場所でも
都市銀行での融資も可能です。

しかし、現在では区分所有用の投資用ローンの商品はなく。
プロパーで、融資を受けるその人の年収や
属性、資産背景などに受けれるかどうか変わってきます。

しかし、地方銀行や信用金庫等に比べるとハードルは高くなります。

地方銀行
地方銀行ではいくつかの銀行ではアパートローンという商品で
不動産投資用のローンを取り扱っているところもあります。

都市銀行などに比べると融資のハードルは低くなります。
その反面、都市銀行などに比べると金利は高めになります。
また都市銀行とちがい、基本的にはあなたの住所地および物件の所在地が、
営業エリア内にあるという場合でないと融資は難しくなります。

投資用で有名な銀行でS銀行があり不動産投資に積極的ですが、
金利はかなり高くなります。

ノンバンク系の金融機関
金利に関して言えば一般の銀行に比べると、かなり高めですが、
融資のハードルはかなり低くなります。
ですので、他の金融機関で断られたが欲しい物件があった場合、
ノンバンク系の金融機関つかうという方法もあります。
金利がかなり高くなってしまうことになってしまいます。

マンション投資