マンション投資と新首相

総理大臣が変わるとマンション投資にどのような影響があるのでしょうか?

民主党の野田佳彦元財務相が日本の総理大臣になりました。
しかし、野田新首相は、持論が増税です。
どんなことが予想されるでしょうか?
野田佳彦財務相は、以前討論会で、東日本大震災の復興財源についてたばこも酒も税制を通じたオヤジ狩りだと述べ、たばこ税や酒税の引き上げに慎重な考えを示していた。
そんな野田新首相ですからおそらく上げてくると予想されるのは、消費税です。
こうなりますと中長期的には、景気悪化の可能性もあります。
しかし、短期的なマンション価格を考えると消費税UPは、価格上昇につながります。
不動産業者が売主の物件は新築にしろ、中古にしろ消費税が内税で物件価格に込みに
していることがほとんどです。
消費税が上ってしまうと価格に転嫁される可能性があるため、こういったマンションなどの
住宅は、消費税UP前の駆け込み需要が発生します。
そういうときには過去の事例から推察すると
不動産の価格は上昇すると思われます。
そうなるとマンション投資をしようと思っても投資効率は非常に低下いたします。
短期的視野で見た場合、今が買い時かも?

マンション投資入門講座”