マンション投資のリスク(家賃下落・資産価値下落・流動性)

マンション投資のリスク流動性
マンション投資の資産価値下落(物件価格下落)リスク
マンション経営の家賃下落のリスク
この3つのリスクは回避方法が共通する部分が大変多い。
なぜなら、この3つのリスクにおいての共通する問題点が
賃貸需要であるからです。
賃貸需要がある物件であれば、流動性が高くなり、資産価値が落ちにくくなり、
家賃も下落しづらくなるからです。
   
    ・そこで購入する予定の物件が10年後15年後にいくらで売却出来るのか考えたいものです。
     インフレがない場合、購入したマンションは好立地の物件でないと一般的には購入時より
     いくらか安くなる。
     
     好条件の物件はあまり下がらない傾向がありますので資産価値が下落しない為に大切なのは、
     好立地であることと購入する物件そのもののグレードや設備が良いことが重要です。
        
    ・また、老朽化が進むと資産価値下落や家賃下落を引き起こす可能性があります。
     ですから物件そのものの価値維持、付加価値アップのため日々ちゃんとしたメンテナンスと管理が
     必要になってきます。
     ですから管理委託会社の管理水準が高いところを見つける目が必要になります。
     
     その時代、時代で人気の設備があります。以前の物件にはなかったインターネット接続環境や
     ウォシュレットの有る無し
     バストイレが別かなど今の物件だとこれらがついているかいないかで人気度や注目度が全然違います。
      
    ・家賃を下落させない為にはリーシング力のある不動産会社に頼むのも1つのポイントです。
     しかし、リーシング力のある不動産業者に頼んでも関係が上手く構築できていないと
     他の物件を優先されてしまう可能性があります。
     ですから不動産会社や賃貸管理会社との人間関係関係づくりの大事なポイントの1つになります。
    
    ・出口で安く売らないためには売却時には売り急ぎがず売却することが重要です。

マンション投資、マンション経営