マンション投資のリスクとそのヘッジ方法(空室のリスク)

マンション投資 空室のリスク

区分所有などのワンルームマンション投資で一番最初に思いつくリスクといえば
この空室のリスクではないでしょうか?
一棟モノの投資と違い区分所有マンションを1つしか持っていなければ、
入居率は入っていれば100%出て空室になってしまえば0%となってしまいます。
これはワンルームマンション経営においては大きなリスクとなります。
このリスクをヘッジしていくためにどうすればいいのでしょうか?

     ・空室のリスクをヘッジするための3つのポイント
     この空室のリスクをヘッジ出来れば、同時に
     物件価格の下落リスク、流動性のリスク、、家賃下落のリスクへ
     の対処も出来たことになります。
     それは、賃貸需要と空室のリスク、物件価格の下落リスク、流動性のリスク、
     家賃下落のリスクは密接な関係があるからです。

     「好立地の物件を選ぶ」  ・・・賃貸需要のあるエリア
     「商品力のある物件を選ぶ」 ・・・競争力のある部屋
     「賃貸募集に力のある不動産会社を選ぶ」 ・・・入居者募集に強い不動産会社、賃貸管理会社
     ・いかに営業力のある賃貸管理会社を選ぶかが極めて大事なポイント    
     ・家賃保証・空室保証などの契約をしている場合、管理会社も早急に入居者
      を決めようと組織的に動いてくれる。
     ・地元の不動産会社とよく意思疎通し、自物件の入居者を決めてくれたら
      広告費を多く付ける約束したり、営業マンに個別に謝礼を払ったりするなども
      効果的な方法です。

マンション投資のリスクとそのヘッジ方法
マンション経営入門講座

“マンション投資のリスクとそのヘッジ方法(空室のリスク)” への2件の返信

コメントは受け付けていません。