サブリース(空室保証・家賃保証)などの選択の際の注意事項③

マンション投資の滞納保証

滞納保証期間における(免責期間)は会社によって異なるので確認が必要です。
    ・滞納者は1%程度ということで滞納保証は無駄との見解もあるが、起きた場合の
     損害は大きく慎重に検討することが必要である。
    ・また、滞納常習者から家賃を全額回収するのはかなり困難であり検討に値する。
     (プロの業者でもリスクヘッジに使う)

    ・滞納保証でも、委託会社の経営状態には注意が必要。
       滞納保証には代位弁済方式と集金代行方式があり、会社に不安があるときには
       代位弁済方式の方がよい。
       家賃回収を委託した管理会社が倒産すれば、集金した家賃が未回収
       になることもあり得るため
        (賃貸管理だけに徹しているいる会社は危険度は低い) 

サブリース(空室保証・家賃保証)などの選択の際の注意事項②
サブリース(空室保証・家賃保証)などの選択の際の注意事項①
マンション投資入門
       

“サブリース(空室保証・家賃保証)などの選択の際の注意事項③” への1件の返信

コメントは受け付けていません。