サブリース(空室保証・家賃保証)などの選択の際の注意事項②

  サブリース(空室保証・家賃保証)などの選択の際の注意事項

    サブリース滞納保証共にあるリスクとして以下の注意事項がある。
    (委託会社の経営状態には要注意)

       家賃回収を委託した管理会社が倒産すれば、集金した家賃が未回収
        になることもあり得る。
       (リプラスなどがある、事業拡大が原因)
        (賃貸管理の本業に徹しているいる会社はリスク度低い) 

      ・一般的に設定の保証家賃の金額は2年毎に見直しがある。
          
   あとサブリースの大きなメリットとして管理会社が貸主の立場で契約できるので、滞納時の
   「明渡請求」「支払督促」等の訴訟を管理会社が起こすことができるので
   オーナーが裁判にいかなくても良い。
    素人のオーナー個人で訴訟のマネジメントをうまくやるのは大変
      費用・・・・ 裁判費用、弁護士費用、強制執行時の運び出し撤去費用を合わせると100?150万円
      期間・・・・ 滞納3カ月+提訴2~3カ月+強制執行2カ月⇒合計8か月位かかる
      滞納保証会社では訴訟の費用(裁判や弁護士費用)について100万まで保証の商品もある。

サブリース(空室保証・家賃保証)などの選択の際の注意事項①
サブリース(空室保証・家賃保証)などの選択の際の注意事項③
マンション経営入門講座

“サブリース(空室保証・家賃保証)などの選択の際の注意事項②” への1件の返信

コメントは受け付けていません。