投資マンションにおける管理の仕方を考える。

ワンルームマンション経営における管理の仕方

賃貸管理会社はどこにすればいいの?
空室保証・家賃保証・滞納保証は必要なのか?
こういった事で皆さんも悩んだりしたことがあるのではないでしょうか?

マンション管理の方法
  サービス内容とコストを考慮して選ぶ、管理委託の範囲を見極める必要がある。 

 ・自主管理方式
  オーナーが借り主と契約して直接家賃を集金する。
 
 ・集金代行方式
  賃貸管理会社が入居者から集金してオーナーに支払う。
  手数料3~5%程度

 ・滞納保証
  滞納保証会社や賃貸管理会社が入居者から家賃を回収、万一滞納などにより回収でき
  なくてもオーナーに支払う仕組み。保証会社2年ごと1か月分など 管理会社だと手数料5~8%

 ・サブリース(サブリース原契約、マスターリース)方式(空室保証)
    オーナーから賃貸管理会社が一定期間借り上げる。
    マスターリース契約をして、万が一空室になってもオーナーに
    家賃を支払う。  手数料15~20%(ワンルームマンションだと10~15%)

投資マンションにおける管理の仕方を考える。パート2

マンション投資入門講座

“投資マンションにおける管理の仕方を考える。” への1件の返信

コメントは受け付けていません。