中古の投資用マンションがなぜ売りに出ているのか?

中古の投資用マンションを買うときには物件が相場より安い場合、

その物件が何故、売りに出されたのかを考えた方がいいです。

たとえば、重要な告知事項(事故物件)ではないかどうか?
          (重要事項説明において入居者の自殺の告知義務がある。)
      
オーナーがマンション経営が上手くいかず手放した場合
      (入居者がつかなくて困っているって手放したケースが多い。)
        
空室の多いマンションは理由をチェックしましょう。
          現在、空室ならばいつからか入っていないのか?
          (可能であれば近隣への聞き込みもする)

相続対策で手放したケース
        (まれにだが売却を急ぎ相場より安いケースもありえる。)

相場より利回りが高い場合のチェック
          知り合いや社員を住ませ相場より高い利回りで販売しようとしていないか?  
          空室対策としてとりあえず社員を住まわせて満室を装っていないか?

こういった部分をポイントとしてチェックした方が無難です。

マンション投資入門講座

“中古の投資用マンションがなぜ売りに出ているのか?” への1件の返信

コメントは受け付けていません。