マンション投資(不動産投資)と他の資産運用の特徴

マンション投資(不動産投資)と他の資産運用の特徴
マンション投資(不動産投資)と他の資産運用の特徴や違いについて考えて生きましょう。
株式投資はハイリスク・ハイリターンであり元本割れや倒産すれば紙切れになってしまう恐れがあります。

外貨預金などは為替差損リスクがあり元本割れの危険性を孕みます。
投資信託 サブプライムショックやリーマンショックのような経済危機があると大きな損失出て
    回復困難になることもある。
   ・絶えず変動し利益が出ていたとしてもいずれ損してしまう可能性がある、
    商品選択の判断が素人には難しい。
   ・手数料が運用益から考えると高いためかなり多くの人が損している?

定期預金 利率が低くリスクもないが、リターンも少ない(0.25~1.3%) (10年定期)
国債  利率が低くリスクもないが、リターンも少ない(0.77%) (変動10年) 
  ポートフォリオの1つとしては無リスク資産も持っておいたほうがいいか?

不動産投資 物件にもよるが基本ミドルリスク・ロングリターンで元手回収保証はないが安定的に
     収益をもたらしてくれる。
    このサイトでのマンション投資運用では中長期で腰を据えた投資が基本
    キャピタル狙いの短期のマンション投資をすると損をしてしまう可能性があるため。
    このサイトでの不動産投資では売却益よりも毎月の家賃収入というインカムゲインを
    中心に考えていく。 
    株や外貨投資と違い自分自身であらゆる運用リスクをコントロールすることが出来る。
       
    レバレッジを効かせる事が出来る。
     (しかし、レバレッジを効かせ過ぎるのはリスクの大きくなるのでデメリットもリスクも
      わかった上で使う。資金の過度の借入依存は危険な場合も出てくる。)
    株と違い経済要因による市場の価格や賃料の急激な変化はあまり激しくない。
    (REITなどの不動産投資信託だと市場の影響を受ける)

マンション投資入門講座