不動産投資をタイプ別に分析する(新築マンション投資)

新築マンション投資(区分所有) 
   
 デメリット
 
   新築だと業者の営業コストなどでどうしても割高になりがち、

   新築プレミアと呼ばれる価格になってしまう可能性もある。

   しかし、ローンキャンセルなど訳ありで安くなることもある。

   新築マンションの家賃はは当初は高めに設定されるが、

   新築時の入居者が退去すれば本来の相場に戻る。
   (この幅については地域差、構造の差がある)

   メリット 

   最新設備が使える。

   間取りなどが時代にあっている。

   多くの法改正があり、現在の新築マンションは耐震性に優れる。

   年数が経過しても売却しやすい。

   融資が出やすい。

“不動産投資をタイプ別に分析する(新築マンション投資)” への1件の返信

コメントは受け付けていません。