不動産投資をタイプ別に分析する(アパート一棟投資)

アパート一棟経営
   デメリット
   ワンルームマンション投資とは違い、物件の構造の関係で

   都心部には物件が少なくどうしても投資エリアは郊外、地方になる為、
   
   人口減地域だったりして将来的に賃貸需要減の可能性が高く空室リスクが大きい。
   

   一棟マンションほどではないがある程度の自己資金が必要。
   
     木造アパート、軽量鉄骨は耐久年数短く、修繕コスト大きくなる可能性も、
  
     ある程度年数が経過したときに建て替えしなければならない可能性がある。
 

   メリット
 

  築年数がある程度経過しているとかなり安く購入出来て高利回りな物件に出会えることもある。

   (ただ、築年数のある程度過ぎた木造アパートや軽量鉄骨のアパートだと耐用年数が短い為、
   ローンが組めないことも・・・・。)

新築マンション投資
   マンション投資入門講座

“不動産投資をタイプ別に分析する(アパート一棟投資)” への1件の返信

コメントは受け付けていません。