不動産投資をタイプ別に分析する(RC一棟マンション投資)

RC一棟マンション経営

デメリット

物件のボリュームの関係でどうしてもエリアは郊外、地方になるため、
空室リスク大きい。

投資する際の自己資金は資金はかなり掛かる。
物件のボリュームが大きい為多額のローンを組むことになる為、万が一のときのリスクが大きい。

メリット

規模が大きい為、大きな収益を生む可能性がある。

戸建賃貸や区分所有のマンション投資と違い空室リスクの際に収益が0か100とは
ならない。
(しかし、現実問題としては、埋まる物件は100%近い稼働率で
埋まらない物件は、20~30%しか、埋まらないことも見受けられる。

アパート一棟投資
マンション投資入門

“不動産投資をタイプ別に分析する(RC一棟マンション投資)” への1件の返信

コメントは受け付けていません。