既存不適格とは

既存不適格 マンション経営 用語集

既存不適格とは、建築したときは建築基準法や条例には適法に建てられた建築物であったが、

その後の法改正や都市計画変更等によって現行法に対して不適格な部分が

生じた建築物のこと。

既存不適格建築物は建築基準法に違反している建築物ではあるが、

そのときの法令などに適法であったため違反建築物とはならずそのままの状態でも

存在が認められる。

マンション投資入門講座