サラリーマンの自分でも金融機関から融資を受けれる?

マンション投資が出来る方はどんな人でしょうか?

マンション投資をしたいと思ってもすべての方が取り組めるわけではありません。

たしかに、昔と違いお金持ちか資産家しか不動産投資が出来ないというわけではなく、
金融機関から融資を受けて一般のサラリーマン公務員といった方々でも取り組めるようになりました。

学生で自己資金もない方はさすがにマンション投資をすることが出来ません。

ですから今の自分の状況で投資ができるかは、把握しておく必要があります。

ですから、不動産会社や金融機関であらかじめ自分がどのくらいの物件を買えて
どのくらいの自己資金が必要かわかれば、自己資金をどのくらいためればいいのかわかりますし、
投資物件を選定する際にもターゲットが絞りやすい面があります。

金融機関が、審査の際に考慮するのは自己資金、勤続年数、年収、勤務先、保有資産、連帯保証人の有無など
になります。

まずは自分の状況を把握しましょう。

収入が低い、金融資産が無いという場合、無理して不動産を買うことを考えないで、
まず自分の属性を上げるか、自己資金をためる。

ただ、不動産投資をやってない方が1棟物購入するときは、
現在では物件価格の自己資金が2~3割ほどは必要なことが多いです。

ですから、最初は自己資金の少ない区分所有から始めると人も
多くなってきています。

区分所有投資