賃貸不動産経営の失敗事例

賃貸不動産経営 失敗

よくアパート経営で失敗して先祖代々の土地を取り上げられるなんて話も聞いたことがあります。
土地を持っているような資産家の方でアパート経営するのに初期費用が建築費しか掛からないため、
失敗しずらいはずなのですが、なぜか、土地持ちのアパートオーナーさんの失敗事例が見受けられます。
なぜなのでしょうか?
それは、いくつかの原因がございます。
まず、一つ目は、賃貸需要のない土地にアパートを建設しているケースが多くある為です。
ハウスメーカーは、アパートを建てる事が仕事であり、その後の賃貸経営において入居者を入れることを仕事としてない事が多い為です。
相続税や固定資産税の節税対策のために建設をしましょうとハウスメーカーは言ってきます。
確かに節税対策にはなるかも知れませんが土地持ちの方でも建物の建築費は金融機関から融資を受けて建築します。
そうなりますと月々の支払いが発生いたします。
月々の金融機関返済は建築したアパートに入居者から得られる家賃を原資にして計画していることがほとんどです。
ですから、建築したアパートに入居者が入らないとそもそもの計画が破綻いたします。

もし、土地持ちのアパートオーナーさんが、破綻したとしてもハウスメーカーは建築した時点で利益を確保していますので
、痛手を負いません。

ですから、賃貸経営をするときは、きちんと賃貸需要があるのかどうかは、自分自身で判断しなければ、いけません。

マンション投資