建ぺい率とは

建ぺい率とは マンション経営・マンション投資 用語

建ぺい率とは、 敷地面積に対する建築面積の割合のことをいいます。

実際の計算の際は敷地面積に対する建築面積(水平投影面積【建物を真上から見たときの外壁に囲まれた
建築部分の面積】)の割合を出します。

その敷地に対してどれくらいの規模の建物が建てられるか、また、
どれくらいの土地がいるのかわかります。

都市計画で用途地域毎に30%から80%の範囲で建ぺい率の最高限度が定められていて
建築基準法上、原則として指定建ぺい率を上回る建築面積の建物を建てれなくなっている。

なお、敷地と道路の状況等により建ぺい率の緩和が適用される場合があります。

マンション経営・マンション投資入門講座