不動産取得税とは

不動産取得税とは  マンション経営・マンション投資 用語

不動産取得税とは、 土地や家屋を購入したり、家屋を建築するなどして不動産を取得した
ときにその不動産の所在する道府県が一度だけ課す税金です。

不動産の有償・無償、登記の有無を問わず課税される。

ですから、贈与を受けた場合や、夫婦間で居住用の不動産を贈与した際、配偶者
控除により贈与税が課税されないケースであっても、不動産取得税は課税の対象となりますので
注意が必要。

ただ、不動産取得税には特例があり、 一定の住宅や住宅用土地を取得した場合に、軽減措置を
受けられます。

軽減措置を受けられるかどうかで税額が大きく変わってきますから、
ちゃんと把握しておきましょう。

マンション経営・マンション投資入門講座