投資用ローン 現在の金融機関の融資状況

マンション投資 投資用ローン 現在の金融機関の融資状況

現在の金融機関の融資状況はリーマンショック直後の頃に比べると
優良な貸出先には、不動産投資家向け融資で積極的に融資する動きが出てきました。

物件の収益性や評価次第では、購入資金をかなりの掛け目で融資する銀行も出てきた状況です。

現在、リーマンショック以降、停滞が続いていた国内不動産市場に変化が見られ、

不動産投資市場は活気を取り戻しつつあります。

特に以前より個人投資家が、積極的な動きを見せております。

サラリーマンや個人投資家向けの書籍も多く出版されるようになり、不動産投資セミナーも以前に比べ多く開催され盛況な模様です。

個人だけではなく、J-REITにおいても昨年秋

日銀の買い入れによるJ-REIT市場の回復もあり、REIT指数も上昇している。

金融機関もリーマンショック以降、引き締めていたREITに対しての融資姿勢を変化させており、REIT側も積極的に物件を仕入れ始めた模様です。

ただ、依然として信用力のあるれば、貸しますが、様々な不安要素があれば、審査は通らないと部分もないこともありません。

個人なら、一部上場企業勤務であったり、公務員の方であれば融資は出ますが、会社の信用がない場合は相変わらず融資は厳しいようです。

もちろん、年収の低く自己資金の少ないサラリーマンなどに対して頭金なしで1棟もの融資をするわけではありません。

ただ、景気が本格的に回復したとしてもそういった属性の方に1棟モノの融資をするかといえばそうではないと思います。

そういった方々であれば、まずは融資が出て自己資金の少なくて済む区分所有マンション投資から始めた方が良いかもしれません。

マンション投資入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。