手付金とは

手付金とは マンション経営 用語集

手付金とは、売主と買主の間で、契約が成立したことを確認するためのお金で、
買主から売主に支払われるお金。
不動産を購入するなどの売買契約を結ぶときに、売買代金の一部
として支払うお金のことをいいます。
手付金を支払うと売主との間で契約が成立しますので、支払いについては注意が必要です。
手付金には証約手付、違約手付、解約手付という3つのものがあり、特に定めがない
場合や売主が不動産会社などの宅建業者の場合には解約手付とみなされます。
最終的には売買代金に充当されますが、途中で契約破棄したい場合は、手付金は買主
が契約を破棄する場合は放棄、売主が契約を破棄すれば「倍返し」になる。

マンション投資

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。