原価法とは

原価法とは マンション経営 用語集

原価法とは、原価法、取引事例比較法、収益還元法と
3手法ある不動産鑑定評価などの評価方法の1つ。

原価法は、価格時点における対象不動産の再調達原価を求め、この再調達原価について
減価修正(建築後の経過年数によって価値が下がった分を割り引くこと)を行って
対象不動産の価格を求める手法である。(この手法による価格を積算価格という)

マンション投資入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。