取引事例比較法とは

取引事例比較法とは マンション経営 用語集

取引事例比較法とは、不動産鑑定評価などの評価方法の1つでどのくらいの価格で取引されたかを調べ、
不動産の価値を評価する手法になります。不動産鑑定評価の手法は、原価法、収益還元法
、取引事例比較法3つありそのうちの1つ。取引事例比較法は、対象と条件が
近い物件の取引を多く集め、いつくかの事例を抽出し、それとの対象取引を比較することに
よって評価する方法になります。
ただし、特定の事例(売り急いだ物件や投機的な物件など)は、対象から除いて評価します。

マンション経営

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。