収益還元法とは

収益還元法とは マンション経営 用語集

不動産の鑑定評価は、「収益還元法」・「原価法」・「取引事例比較法」3手法とあり
3手法の不動産価格の評価方法の一つになります。

具体的にいうと不動産の収益性に着目して、その不動産から将来得られるべき価値を現在価値に割り戻して評価する。

そしてその手法は直接還元法とDCF(ディスカウントキャシュフロー)法の2つに分けられる。

従来からあった取引売買による平均的な価格や積算評価ではなく、不動産の収益性を価値化する手法で、近年では
収益不動産の評価に使われるようになってきている。

マンション投資入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。