都市計画法とは

都市計画法 マンション経営用語集

都市計画法とは、都市づくりを計画的にすすめるための基本的な法律であり、健全な発展等を目的とする法律である。

この法律は、都市計画を行う自治体に対し、土地利用や新たな建築物の造くる際にそれを規制する権限を
法的に示した法律になります。

都市計画区域とは
都市計画区域とは「健康で文化的な都市生活及び機能的な都市生活を確保する」理念に
基づき原則道府県知事が指定し、計画的に街づくりを行なう区域を「都市計画区域」といいます。

市またはこれに準じる町村の市街地を含み、自然的、社会的条件、人口、土地利用などの観点から、
合理的利用を図る土地のことをいう。

日本の国土は都市計画区域とそれ以外の区域に分かれます。

ただし、都市計画区域は都市計画法により様々な開発行為等の規制が行なわれます。

マンション投資入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。