マンション経営は生命保険の代りになる?

マンション投資は生命保険の代りになる? マンション経営Q&A

【質問】
マンション投資は生命保険の代りになるってどういうこと?

【答え】

多くのの民間金融機関では、住宅ローンを組むとき
団体信用生命保険(以下、団信)への加入が義務付けられていますので、加入を強制されます。

団信は、ローンの債務者が死亡等の理由で住宅ローンを支払いでき
なくなった際に代わりに住宅ローンを支払ってくれる保険のことで
これは、ローンの返済の途中に債務者の方に死亡や高度障害など万が一の事があった場合、
全ての残債を保険金で返済するためのものです。

東京都心部の新築や築浅のマンションに投資をしていれば万が一の場合に、2000万円相当の無借金の
マンションという換金も可能な実物資産が残ります。

ローンの支払い自体がなくなりますので、
年間約100万円程(東京都心部の築の浅いマンションならこれぐらい)
家賃収入が毎月の実収入になります。

つまり、ご家族にはローンを完済したマンションが残るので、売却すれば多くのキャッシュが残り、
持ち続けたとしても家賃収入が、遺族年金代わりにご家族に残せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。