マンション経営が年金対策になる?

マンション投資年金対策になる?   マンション経営 Q&A

【質問】
マンション投資年金対策になるといわれているのは何でですか?

【答え】
ワンルームマンションをローンを組んで購入し、そのローンの返済を入居者の月々の入居者の家賃で
相殺する事によって、わずかな資金だけで2000~3000万円ほどのマンションが
無借金の自分の資産として手に入ります。

そしてローン完済後には月々のローンの返済がなくなり、入居者の家賃から経費(管理費、修繕費などなど)を
引いたものが家賃年金として収入になるのです。

つまり、マンション経営をローンを組んで始めた場合毎月の家賃で毎月の返済を補い
ローン完済後は、個人年金代わりの家賃収入が入ります。

ですから、老後の年金に不安を持っている方が、将来の年金対策として
マンション経営取り組まれるようになってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。