マンション投資のローンについて

マンション経営 Q&A

ローンについて

質問

マンション投資の場合、ローンを組んだ方が有利と言われていますが、本当でしょうか?

答え

これは、ある部分正しいです。
ローンを組んで不動産投資をした方が、有利だといわれているのはレバレッジ効果によるものです。

これは、てこの原理により、少ない自己資金を使い投資効率を高める手法のことです。

よくFXなどの金融商品でも使われます。

しかし、レバレッジにはリスクも内包しております。

投資においての収益性もてこの原理で高めますが、リスクも同じように高める手法になります。

ただ、不動産投資におけるレバレッジは、金融商品よりも良い部分もあります。

金融商品の場合、ロスカットや追証が発生しますので価格が下がったときには
何らかの損失が発生します。

先物やFXのイメージから過度にレバッレッジについて怖がっている方も見受けられます。

不動産投資であれば、もし、物件を購入したけれども景気悪化によって物件価格が下がったとしても
安定した賃貸収入があるのであれば手放さず持ち続ければ、ローンの残債は減り続けます。

そして、無借金になるまで持ちつけても良いですし、景気が良くなったところで売却してもいいのです。
レバレッジは上手く使えば、投資においての武器になりますのでリスクと比較しながら資金を
有効活用しましょう。

マンション投資入門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。