マンション経営の失敗 競売

不動産競売での失敗
最近では競売物件を購入して賃貸経営をされる方も増えてきました。

競売物件の一番の魅力は価格面です。

不動産物件の価格が市場価格より一般的に非常に安く提供されているところがメリットです。

また、一般的な中古物件の購入とはちがい仲介業者に仲介手数料などが競売物件の場合には不要です。

しかし、全ての物件が安いとは言えません。

んが、基準として一般相場の2割くらいは安く手に入れたとしても全くおかしく
しかも不動産競売特有のリスクがあります。

たとえば、競売には占有屋といった存在もいます。

占有者がいる場合、立退き料がかかったりと、かえって費用が高くつくこともあります。

以前よりは取引はしやすくなりましたが、素人にも手を出せて安全な取引だとはとても言えません。

他にも競売物件には購入後の保証がなかったり、事前に建物内部の下見ができないので、
購入後に思わぬ瑕疵があって修繕費がかかったりする場合もあります。

安いには安い理由の分だけのリスクがある
リスクがあるからこそ競売物件は安いのです。

最近の競売人気でリスクの少ない物件は市場に比べてそれほど安くもなくなってきました。

競売物件の場合には前もってに建物の中の状況を見ることができませんから、
購入価格の決定にあたっては占有者が居る場合、立退き料や引越し代、リフォーム費用なども
考慮しておく必要があります。

ただ、不動産は大きな買い物です。

物件価格の安さにこだわって、競売で失敗するより、確実に良い物件を購入できる方が
いいでしょう。

マンション経営入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。