マンション勧誘悪着く業者へ対策

マンション経営 ニュース
マンション勧誘規制強化を 内閣府の消費者委

全国の消費生活センターに寄せられるマンション勧誘に関する相談件数は年々増加している。

その大部分がワンルームマンションに関するものであり、「断ったら恫喝され脅された」「深夜や早朝まで軟禁し勧誘」など悪質なものが目立つようになっている。

産経ニュースの2011年5月26日の記事によると内閣府の消費者委員会は、マンション投資をしつこく迫る悪質な電話勧誘の被害が増えているため、、
規制強化する。

電話などの勧誘前に販売目的であることや社名を告知することを業者に義務付けることを
国土交通省に意見を申し立てた。

販売目的や社名の告知は現在、宅地建物取引業法に明記されていない。

意見を申し立てられた意見では断られた勧誘を繰り返すことの禁止や、契約取り消しの規定を盛り込むことも求めているようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。