ワンルームマンション税とは

ワンルームマンション税とは マンション経営用語

正式名称は、「狭小住戸集合住宅税」といい
ワンルームマンションの建築主に税金をかける法定外目的税のことをいいます。

始めに2004年6月から東京都豊島区で、ワンルームマンションを建設する業者から税金を取るようになった。

豊島区の「狭小住戸集合住宅税」の場合は、29平米未満(壁心基準)の住戸を9戸以上設ける集合
住宅の建築を行う時に課税されます。

狭小な住戸を有する集合住宅の建築を抑制し、得られた税を良好な住宅
導入の名目は、ゆとりある住環境の実現をはかることを目的として、狭小
住戸集合住宅税を導入したということでした。

つまり、生活マナーの悪い若者を追い出すことを目的としているよう見受けられた。

年々単身化や都心回帰の流れが加速し建設ラッシュが進んだことにより、
他の区でも導入され特に東京23区では規制強化の傾向が進んでいる。

人気のエリアで単身者が集まって来やすい23区の供給を減少させれば、
需要があふれ出し賃料増加や物件価格上昇をさせる危険性があるといわれている。

マンション投資入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。