ワンルームマンションとは?

ワンルームマンション マンション経営用語

ワンルームマンションとは、 正確な定義は特にありませんが、
小口不動産投資用としてもともとはバブル期のころから販売され始めた小さな単身者用マンションのことをいいます。

バブル期の頃は、専有面積が15~20㎡ぐらいのものが多く、洋室とユニットバス、小さな
キッチンが設置してあるマンションがほとんどでした。

最近では専有面積も20㎡を超えるようなものが多くなってきました。

ワンルームマンションの用途は、単身者用の住宅や小さな事務所などに使われています。

不動産投資といえばアパート投資、事業用ビル投資、ワンルームマンション投資と様々な方法があります。

そのなかでもワンルームマンションは比較的小資金で取り組むことが可能で一般の方でも投資しやすい収益物件です。

ここ最近、年金不安から老後の収入を確保する為、ワンルームマンションの投資が盛り上がりを見せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。