賃貸住宅の需給逼迫

賃貸住宅の需給逼迫 マンション経営 ニュース

日本経済新聞の5月12日の記事によると
仙台の賃貸住宅が、東日本大震災で募集物件が半減しているとあった。

東日本大震災の影響で仙台市内の賃貸住宅の需給が逼迫している。

その影響でアットホームによると仙台市周辺の単身者向け賃貸住宅の
3月の平均募集賃料は前年同月比300円上昇した。

仙台はこれまで賃貸住宅の賃料もこれまで下落傾向であり、
現在の仙台市の景気は良くない状況であるにもかかわらずである。

原因は震災で家を失った人や復興支援で働く人が物件を探す一方で、
空室だった物件が被災し供給が減ったためである。

そして損傷した物件の修繕は資材不足で遅れており、需給緩和にはしばらく時間がかかる。

需要と供給は価格形成に大きな影響をあたえると印象付けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。