課税標準(かぜいひょうじゅん)とは

マンション経営 用語集

課税標準(かぜいひょうじゅん)とは、税金において、課税対象をあらわす言葉で
税額を算出する上で基礎となるもののことを指します。

通常は、この金額に税率を掛けること
によって税額が算出されることとなります。

税の種類によって算出方法が違います。

たとえば所得税の場合の課税標準というのは、
次のような課税計算の際に税率を乗じて税額を求める価額のことを
不動産取得税と固定資産税の課税標準録免許税の課税標準たる不動産の価格については、
特別な場合を除き、固定資産税課税台帳に登録された台帳登録価格が評価額になります。

課税標準の計算は所得税では、得た所得の大きさに応じて税負担を求めます。

給与所得、不動産所得、譲渡所得、一時所得、雑所得事業所得、利子所得、退職所得、山林所得に
区分して計算した所得を合算します。

所得の金額を合算して求めた金額を総所得金額といいます。

ただ、合算する際のチェックしなければいけないポイントがいくつかあり注意が必要です。

課税標準の計算では、本来各種所得の金額をすべて合算すべきですが、
退職所得、山林所得、短期譲渡所得、長期譲渡所得、株式等に係る譲渡所得、源泉分離課税については、
他の所得と合算せず、分離課税とされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。