将来的な年金制度も今後どうなるのかわからない状況

年金財政の不足から公的年金制度は低い信頼感であり、
将来的な年金制度も今後どうなるのかわからない状況である。

老後の生活を支えるために必要な年金や医療、介護などの社会保障制度への不安は依然として根強く、

日経新聞の調べによると、社会保障制度の将来について「不安を感じる」と答えた人が過半数に達しており、

そして老後の生活に不安を感じている人の割合は全体の4分の3にも及び、全く不安を感じていない人ははわずか3%だったそうです。

特に顕著だったのが年金制度に対する不安でトップというデータでした。

企業年金も確定拠出年金401Kへシフトしている等
定年後への心配は皆さんなにかしらお持ちではないでしょうか?

ある証券会社のアンケートでも年収も以前に比べて減っていると答えた人が半数近くもおり、
出口の見えない不況にあえぐ国内の経済情勢が、
世帯年収に多きな影響を及ぼしている実態があります。

また今後、税金も増税方向進んでくると予想されています。

つまりは何もしなくてもリスクがある時代になってきている時代になってきていると
言えるのではないでしょうか?

つまり、国や企業が個人を守る時代は終わりを告げ、あなた自身があなたや家族を守っていく必要があるのです。

そのために
「貯蓄だけではとても将来に備えることが出来ない!」

と考える方も増え、投資や資産運用してお金について

何らかの対策や備えをしていこうと考えている方が増えてきています。

マンション投資入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。