不動産経営 マンション経営 失敗事例

不動産経営 マンション経営 失敗事例

マンション投資をしたいけど不安だという人の中には、この失敗を恐れている人も多いでしょう。
過去のマンション投資の失敗事例に学び、皆さんは失敗しないマンション投資をしていきましょう。

最近の不動産経営の失敗だと地方物件を購入し空室が多く発生し
投資用ローンが返済できなくなって破綻する例が多発しております。

4~5年前地方の一棟マンションをフルローン(オーバーローン)で購入して
莫大な資産を作るといった本が流行りました。
その本には地方でも人口が増えていく地域があるのだからそうった地域に投資すれば空室の問題はないと
書いてありました。
それをお手本にして地方の一棟マンションをフルローン(オーバーローン)を購入した人たちも
大変多かったのです。
現実はどうだったのでしょうか?

サブプライムショック、リーマンショックがおきて景気が悪化
地方物件には空室が多発しローンが返済できなくなって破綻といった方々が
たくさん出たのです。

年収に応じていない莫大な借金をした結果そういった失敗をしたのです。
よくサラリーマン大家さんが出版した本などには自分の3、4年ぐらい投資用不動産を保有しての
成功事例が書いてあることが往々にしてあります。
その本にも不動産投資のメリットやおいしい部分しか書いてありませんでしたが、
現実は高いリターンがあるものには「不動産投資の落とし穴」や「不動産投資失敗」の可能性も多くあるのです。

失敗する原因も多数ありますがまず初心者が嵌りやすのですが、本の事例を鵜呑みにせず、
大家本の事例はその人の短期的な成功例であることを認識しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。