マンション投資セミナー 無料 

↓↓↓詳しくはこちらをクリック↓↓↓
 

勉強はしているのだけどなかなか始められないという人も結構多い不動産投資
「いきなり物件を買うのは勇気がいるし・・・。」
「もっと勉強してから・・。」
こんな人も多いです。
物件を購入せず5~6年勉強している人もいますがいつまで勉強するつもりでしょうか・・
始めるには実はコツがあります。

不動産投資を始めるコツ

セミナーにいったり、資料請求したり、
不動産会社にいって物件を見せてもらうなど
まずは小さい行動することです。

行動が大切といってもマンション投資や不動産投資を始めるにあたって何も知識もないまま初めてしまうのは、
あまりにも危険です。

まずは、最低限レベルのの知識は、身につけたいものです。
しかし、
「本を読んでもネットで調べてもいまいちピンとこない。」

「本は、買ってみたものの読む気にはなれない。」

こんな方もいるのではないのではないでしょうか?

それなら、マンション投資セミナーが、お勧めです。

セミナーであればリアルタイムに講師の話が聞けますし、本を読んだりするよりすんなりと頭の中に入ってきます。
今、マンション投資や不動産投資の無料セミナーもたくさん開催されています。

無料セミナーなんかにいったら売り込まれるのではないかと心配される方もいますが、
そんなことはありません。

私自身、いろんな会社の無料セミナーに参加いたことがありますが、押し売りのような事をした会社は、

一件もありませんし、いろんな資料ももらえて楽しいですよ。
(ちょっと行き過ぎかもしれません。)

もちろん、セミナー中、物件の紹介などがある場合もありますが、気に入らなければ別に購入する必要はまったくありません。

むしろいろんな会社の物件を見ることも勉強になります。
ただで知識を得られるこんないいことないですよね。

まずは、何事も行動しなければ始まりません。

マンション投資の小さな第一歩を踏み出すためにもまずは、

資料請求や無料のセミナーから参加されてはいかがでしょうか?

これなんかいかがですか? これ

マンション投資

高齢者住宅

少子高齢化と言われ続けている日本。
政府が公表した「2012年版高齢社会白書」によれば、65歳以上の高齢者数は2011年10月現在、過去最多の2,975万人となり、総人口に占める割合である高齢化率も過去最高の23、3%に上がりました。

人生90年と言われるこの時代、日本人の平均寿命は男性が79、6歳、女性は86、39歳となっています。

しかし、高齢になれば身体にも衰えが生じ、若くて健康な人にとっては何でもないことが負担となってきます。

例えば、住宅の玄関先の段差でつまづいたり、杖や車椅子を仕様している高齢者にとっては大きな障壁となるでしょう。

またトイレや浴室などでの身体の動きを支える手すり一つがあるか無いかでも、高齢者にとっては大きな違いになります。

このような身体的弱者が健常者と同様にラクに利用できる住宅や設備はユニバーサルデザインの一つとして考えられています。
日本ではバリアフリーという呼び方のほうが一般的ですが、ユニバーサルデザインという広義のなかの在り方がバリアフリーです。

人口ピラミッドを見ても一目瞭然である、将来の住宅需要は高齢者住宅となるでしょう。

些細な部分に気遣いが施された住宅は、高齢者に限らず、小さい子どもや妊婦にとっても安全で暮らしやすいことは想像しやすいでしょう。

需要を先読みして供給をすることが利益をもたらすことも容易に想像できます。今後、絶対に必要とされる住宅のスタイルを知り、リサーチしておくことは、不動産関係者にとって重要なことではないでしょうか。

建物の法定耐用年数について

建物の法定耐用年数は、減価償却資産を考える際に重要な目安となります。
この法定耐用年数は、国税庁が定めており、建物の建築工法や使途によってそれぞれ異なります。

例えば、木造、合成樹脂構造の住宅、店舗用は22年ですが、オフィス用は24年、工場用や倉庫用という使途では15年となっています。

また木造モルタル工法では住宅、店舗用は20年ですが、オフィス用は22年、工場、倉庫用は14年です。

鉄骨鉄筋コンクリート及び鉄筋コンクリート工法では、住宅用は47年となっており、オフィス用では50年、工場、倉庫用では38年です。

れんが造り、ブロック造りの住宅、店舗は38年で、オフィス用は41年、工場、倉庫用は34年です。

また、建物の増築、建築物の拡張、延長等は建物等の取得に当たるとされます。
例えば建物のある部分を修繕や現状回復した場合、補修工事代金は修繕費として損金算入されますが、その工事が建物の耐用年数を延長させたり、価値を高める効果がある場合は、修繕費とはならずに資本的支出として計算されます。

これら減価償却資産の耐用年数等に関する省令は、税法における減価償却資産の耐用年数について課税の公平性を図るために設けられた基準で、この基準は本来の会計学上の基準とは異なっています。
ただし、中小企業を中心として税務上の基準を元に会計処理が行なわれるため、減価償却の国内標準となっています。

1951年、昭和26年に固定資産の耐用年数等に関する省令として制定され、1965年、昭和40年に全面的に改正されて減価償却資産の耐用年数等に関する省令とされました。

TOP

賃貸住宅とは

賃貸住宅とは賃貸借の契約に基づいて、個人や法人に貸すことを目的とした居住用建物のことです。

分類としては、新築時から貸すことを目的として建築された建物、住宅を購入した後で何らかの理由により人に貸すことになった建物、購入後にオーナーが一時的に居住することができなくなり人に貸すことにした建物の3種類があります。

形態としては、マンションやアパートといった集合住宅、一戸建てなどがあります。
またファミリー向けの間取りや面積があるものから、単身者用のワンルームなどがあります。
投資マンションも賃貸住宅の一種です。

全室分譲タイプマンションの、一室のオーナーが賃貸経営していることもあり、分譲タイプの充実した設備が整っている賃貸住宅も珍しくはありません。

契約は、「家主」「大家」と呼ばれる住宅のオーナーが、「賃借人」「店子」と呼ばれる居住者と契約書を交わし、オーナーに毎月の家賃を払って居住します。
契約時には、入居者はオーナーに対して保証金や敷金といった費用や礼金を払う商習慣があります。

けれど昨今は、この礼金が無料や、保証金、敷金が無料という物件も少なくなくなってきており、空室率を下げるためのその他のサービスも増えています。

例えば、礼金、保証金、敷金という一度に必要なまとまったお金がかからないように、それを無料にする代わりに多少家賃を高く設定しています。
さらに、更新料が無料という物件も多くなってきました。

また退室時に修繕費用などでオーナーともめることを避けるために、契約時から敷金のうち1か月は償却することをあらかじめ明記することも多々あります。

トップに戻る